ドローン空撮、ドローン操縦トレーニング


Hi-Toサービス イメージビデオ

♠ドローンによる動画・写真撮影

<撮影例>

・ゴルフ場のコース紹介動画撮影

・イルミネーションライトアップ等の動画撮影

・観光名所などのPR用動画撮影

・ソーラーパネル等の状態点検等の動画撮影

<価格例>

・交通費(撮影現地までの交通実費をご請求させていただきます)

①静止画撮影 1回の飛行(20分程度)写真:5カット目安 /20,000円~

②動画撮影  1回の飛行(20分程度)録画:5分目安 /30,000円~

・スライド作成、ビデオ編集などは別途費用がかかります。

上記価格は目安です。お客様のご予算の範囲でご提案をさせていただきます。ご要望をお聞かせください。

対人・対物賠償保険に加入していますので、万が一の事故の保証もご安心ください。

<飛行許可申請など>

※1.国土交通省に申請を行い、「人または家屋が密集している地域の上空」、「夜間飛行」、「目視外飛行」、「人または物件から30m以上の距離が確保できない飛行」について許可承認を取得しています。

※2.飛行する場所によりましては、地方自治体その他の関係省庁などへの申請・許可承認が必要な場合がございます。その場合は、許可申請が降りてからの対応可否判断となりますので、予めご了承ください。


♦ドローン操縦トレーニング

<トレーニング例>

・未経験者向けにドローン操縦体験、基礎トレーニングの実施

・経験者を対象に飛行技術の向上、他機種の操縦トレーニング等の提供

・経験者を対象に夜間飛行、目視外飛行のトレーニング等の提供

ドローンに全く触れたことのない未経験者も大歓迎です。イチから丁寧に教えます。

※機体をお持ちで無い方には、Mavic 2 ProまたはPhantom 4 Pro + の機体を貸出しトレーニングを行います。(機体のレンタルのみは行っていません)




♣個別のご要望にもお応えします

・ご指定の機材(機体、カメラ)による撮影

・現場などで実際の仕事内容に即した飛行トレーニングの提供


♥『お問い合わせ』、『お見積り』はこちらから


☆機体のご紹介

Phantom 4 pro+

<スペック>

重量:1,388g

最大スピード:72 Km(Sモード)

最大飛行時間 :約 30分

カメラ:2,000万画素(1 “CMOS センサー)

動画:4K動画撮影可能

障害物検知:5方向(前方、後方、下方、左、右)

Mavic 2 Pro

<スペック>

重量:907g

最大スピード:72 Km(Sモード)

最大飛行時間 :約 31分

カメラ:2,000万画素(1 “CMOS センサー)

動画:4K動画撮影可能

障害物検知:全方向(前方、後方、上方、下方、左、右)

APAS(Advanced Pilot Assistance Systems)を装備


☆ドローン関連情報

国土交通省: 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

(A)空港等の周辺の空域(B)地表又は水面から150m以上の高さの空域(C)人口集中地区の上空 は、国土交通省の許可なく飛行する事はできません。

・最新情報・飛行ルールの対象となる機体・許可が必要となる空域など・申請手続きについて・飛行実績の報告について、等の情報が記載されています。ドローンの飛行を行う方は必ず最新の情報を確認しましょう。


国土交通省:ドローン情報基盤システム(DIPS)

無人航空機の飛行許可申請をインターネット経由で行うことができます。

「飛行許可が必要となる空域の飛行」「夜間飛行」「目視外飛行」「人または物件から30m以上の距離が確保できない飛行」 等を行う場合は事前に許可申請が必要です。


国土交通省: ドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)

有人航空機と無人航空機無人航空機間における安全確保のため、双方で必要となる飛行情報を共有するためのシステム。実際に飛行する前に、飛行する空域や時間などを登録しておきます。


国土地理院: 地理院地図

飛行を行うとする空域にどのような制限があるのかを確認することができます。


総務省: 小型無人機等飛行禁止法

小型無人機等飛行禁止法(国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律)に基づく対象施設の敷地等の指定について

対象施設周辺地域の上空においては、小型無人機等の飛行が原則として禁止されています。 ※200g未満のトイドローンも禁止対象です。


Mavic 2 の情報はこちら